透析治療

シャント関連

シャント手術

シャント関連手術件数

AVシャント血管を良好な状態に保つことは透析患者さんにとって非常に重要です。限りある血管なので、できるだけ今あるAVシャントを長持ちさせたいものです。

以前は、シャント血管に狭窄・閉塞といった合併症が発生すると、切開して処置を行っていました。(AVシャント作成術)
近年、血管内手術(血管内にバルーンを入れて狭窄部を拡張する=AVシャントPTAなど)が可能となり、腕に切開した新たな傷を作らずに、シャント血管治療ができるようになりました。

AVシャントPTAの普及に伴い、当クリニックにおけるAVシャント関連手術におけるPTA件数の割合が増加しています。 AVシャントPTAは局所麻酔で行い、所要時間は平均30分となっています。

ページの先頭へ戻る