透析治療

シャント関連

シャント管理

動静脈-内シャント合併症に対する検査

血液透析患者さんにとって、良好な動静脈-内シャントを維持することは、透析治療を行う上で非常に重要です。特に、動静脈-内シャント合併症としてのシャント血管狭窄を早期に発見・治療することは重要です。当クリニックでは、ベッドサイドで簡単かつ正確にシャント血管を検査・評価するために、専用の小型超音波装置LOGIQ Book XP(GE Health Care)を導入しています。

management_01
LOGIQ Book XP
(GE Health Care)

また、AVシャントの狭窄・閉塞を早期に発見することを目的として、当クリニックではデジタル聴診器(3Mリットマン エレクトロニック)を導入しています。
一般にシャント狭窄音としては、狭窄部付近において狭いところを血液が通過する際に生じる異常高音を聴取することが出来ます。

AVシャントの異常音に気付いたら、デジタル聴診器で録音して保存します。
シャントPTAなどの治療を施行した際には、治療前後のAVシャント音を録音・比較して患者さんに説明します。
患者さんとともに多くのスタッフがAVシャントの異常音を共通認識・理解することが出来ます。

management_02
デジタル聴診器

VAP(アクセス圧)の測定

当院では内シャントの新しい機能評価法を開発しました。これはVAP(アクセス圧)といい、シャント血管内の圧力を示し、単位mmHgで客観的に表すことができます。 この数値によりシャント血管狭窄の度合いを評価することができます。一部適応とならない症例もありますが、動脈側の針より中枢側(下流)に血管の狭窄がある場合、非常に有効である事が明らかになりました。

management_03

ページの先頭へ戻る